Shadowbox118

シャドウボックス118について

シャドウボックスを31年こつこつ作っています。
作るのが楽しくて楽しくていつも時間を忘れてしまいます。

裏口 よしみ

2009年 リーガロイヤルホテルにて個展

2011年 日韓シャドウボックス展(ソウルにて)

2012年 世界蘭展に出展(東京ドーム)

2012年 シャドウボックス展(東京フォーラム)

2013年 イタリア クエーン・スタンバリア美術館 出展

2013年 上野の森美術館 出展

2013年 シャドウボックス展(グランビアホテル)

2014年 上野の森美術館 出展

2014年 京都市美術館 出展

2014年 ユネスコ パリ 出展(東京フォーラム)

2014年 リーガロイヤルホテルにて個展

2015年 オランダ ローマ モナコ チェコ

2015年 上野の森美術館 東京フォーラム 京王プラザ出展

2016年 上野の森美術館 出展

2016年 イギリス マルギャラリー 出展


Event

イベント


What is a "Paper Cut Shadow Box"?

シャドウボックスとは

複数枚の同じ絵を立体画に作りあげる3Dシャドウボックスアート。
ヨーロッパで流行し、アメリカを経て日本へと海を渡ってきた工芸です。
元になる同じ絵柄を複数枚使用し、各パーツを細密に何層にも切り重ねる事によって
立体感を出し、丸みを持たせ影を作ることにより
豊かな表現と奥行きを演出し、オリジナル作品を生み出します。

A Paper Cut Shadow Box is a handicraft that originated in Europe and came to Japan via America.
Multiple paper cut-outs are layered on each other in a box with a glass frame.
The original pattern of each different part is layered to several levels. Then the shadows created
within the layers give the work rich expression and depth and create a three-dimensional impression.


How to make

簡単な2枚ガラスの作り方

2枚目のガラスにビーズなどを貼りつけることで、立体的で華やかな作品に仕上げることができます。
簡単に作れるので是非挑戦してみてください。

簡単な2枚ガラスの作り方マニュアルはこちら

シャドウボックスの作り方

同じプリント4~7枚をパーツごとにカットします。

特殊なボンドで、奥行きを考えながら貼り重ねていきます。

ニスを塗って額に入れて出来上がります。


Original Kit

オリジナル作成キット販売

絵柄はうすめに作っています。そのまま水性ニスで仕上げていただいてもいいのですが、出来あがってからご自分でマニュキュアを塗ってニスで仕上げていただくと華やかになります。
クリスタルビーズも可愛いですが貼り付け過ぎに注意しましょう。
カットの仕方など、わかりやすい説明書も添付させていただいています。ご購入のご希望の方は「FAX注文シート」にご記入の上、FAXにてご注文ください。
商品番号に S がついているのは14.8cm×10.5cm それ以外は14.8cm×21cmです。



BLOG

ブログ

不定期更新ですが、作品展の感想など書かせていただいています。

-